So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

バイタルサインA [衣・食・住]

シードオンリーの我が家の小鳥たち。シードだけだと栄養バランスが悪くなるのは誰もが知る事実。なので当然のようにネクトンSをふりかけて毎日与えています。

別にネクトンに不満はないけど、たまたま在庫が切れてしまい、ネットで注文すれば良いだけの話だけど、Love Wing-PROという会社のバイタルサインAを買ってみました。

安心の日本製!万全なオールインワンサプリメント!という文字にひかれて・・・。使ってみた結果、ネクトンとの違いはよく分かりませんが、そもそも「違いが分かる男」ではないので、悪くはないでしょ!ってことで、継続使用中。

lovewingpro.jpg


バイタルサインAの成分(1000g中の保証成分)

ビタミン類
ビタミンA:2663mg・ビタミンB1/硝酸チアミン:1773mg・ビタミンB2/リボフラピン:3999mg・ビタミンB3/ニコチン酸アミド:16796mg・ビタミンB5/パントテン酸:5332mg・ビタミンB6/塩酸ピリドキシン:1733mg・ビタミンB7/ビチオン58652μg・ビタミンB9/葉酸:880mg・ビタミンB12/シアノコバラミン:13997μg・ビタミンC/アスコルビン酸:22221mg・ビタミンD3/コレカルシフェロール:4166μg・ビタミンE/aトコフェロール:8878mg・ビタミンK3/メナジオン:3399mg・イノシトール:173mg

アミノ酸
リジン・アルギニン・トレオニン・メチオニン・トリプトファン・シスチン・セリン・アラニン・グリシン・ヒスチジン・ロイシン・バリン・フェニルアラニン・チロシン・アスパラギン酸・グルタミン酸・プロリン・イソロイシン

微量元素
硫化第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・コバルト硫酸塩・硫酸マグネシウム

その他
米糖・甘草抽出物、炭酸カルシウム・第一リン酸カルシウム・海藻粉末・乳酸菌・酪酸菌・オリゴ糖

乳酸菌や何やらかんやらでお腹にも良いみたいだし、お試ししやすい25g1000円前後の価格設定!ネクトンだと、もう少し多く入っているけど(35g)2000円超えてくるので、お試しには少しだけ勇気がいりますよね?商品説明はこんな感じです↓


ラブウィング-プロの小鳥用サプリメント

【バイタルサインA(オールインワン)】
●飼料添加専用。特にムキ餌をご使用の方にお奨めです。
●ムキ餌200gに対して付属の計量スプーンですり切らない1杯を混ぜて与えてください。
本商品はバイタルサインDが主成分で入っています。
ビタミン、必須アミノ酸、微量元素、乳酸菌を配合しています。

乳酸菌は酪酸菌とオリゴ糖を一緒に配合 することでシンバイオティクスとなり、善玉菌の増殖を速やかに行われます。またカルシウムや海藻粉末も配合しております。脱脂した米糠を基材に使用しているため、夏場の熱による変質にも強く、飼料添加用ですが、飲み水にも基材の米糠や海藻粉末が沈殿しますが、ご使用になれます。ただし飲み水を朝と夕方に交 換することが出来ない場合はお奨めできません。海藻粉末が溶解しヌメリが発生します。本商品に含まれる成分はバイタルサインDを10とした場合、バードミ ラカルは5、バードシンビオは6、シーベジタブルは5の割合で配合されています。夏場の品質保持を気になさる方やお忙しい方にお勧めの商品です。


Instagram
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

放鳥時は注意!反省。 [セキセイインコ]

我が家で一番の元気印のセキセイインコのインコちゃんが3週間前、大変な状態になっておりました。復活してくれたので、こんな記事書けますが、最悪の状態になっていれば、こんな記事書けないくらい凹んでいたこと間違いなし。ってことで、今はこんな感じで(下画像↓)何もなかったのかのように、人、鳥関係なく、チョッカイをかけまくり、しゃべりまくり! 完・全・復・活。

20180731003.jpg

事の発端は3週間前の7月13日の夜。いつものように鳥たちのケージ掃除を行うために、鳥全員同時放鳥時に、しつこくコザクラのザクちゃんに絡んでいき、堪忍袋の緒が切れたザクちゃんがインコちゃんの足を「ガブり!」というのが概要です。

ザクちゃんはお腹に卵が入っていた時期なので、イライラがいつもの比ではなかったのだと思いますが、噛みついたまま引きづり回し、一瞬の間にインコちゃんの足、お腹は血まみれ・・・。かなりの出血量だったと思います。腫れもひどく、3倍4倍に腫れあがり、徐々に足の血色も悪くなり、呼吸もあがり・・・。

夜遅かったこともあり、そのまま様子をみることにしたのですが、翌日の夜には餌も水も口にしないような状態になったので、鳥を診てくれる病院へ車で1時間かけて救急搬送。

※下の写真はケガ後1週間、2週間後の写真です。さすがにケガ直後の痛々しい画像は鳥好きな方にはお見せ出来ないので・・・。患部は向かって左側。
20180731001.jpg

お話戻して、病院での事・・・。夜間診療もしてくれる病院なので、待合室はいっぱい。2時間ほど待ったでしょうか。順番が回ってきて、診察室に入り、インコちゃんを診た先生の一言目が・・・。「かなり腫れてるし色も悪いからたぶん壊疽してきますね~。先に脱脚します?」

小5の娘、ドングリ眼で目に涙・・・。

二言目「この仔の強さと運を信じて、1日様子を見てダメなら脱脚で行きます?」

小5の娘、更にウルウル。

包み隠さず、気を使わずのかなりダイレクトな言い方ですので、一般の方からしたら驚きの内容でしょうが、先生が悪いのではなく、先生はウチの嫁様がペーパー獣医師だと言うことを知っているので、獣医師同士の会話?作戦会議?ではあったのですが、娘にすれば怖い先生と、それに普通に応じている母親が悪魔に見えたことでしょう・・・。

「インコちゃんの足なくなるの嫌だ~!!!!」当然ですが、娘のお願いで脱脚はこの場では行わず様子を見ることに。

「じゃ~経口での抗生剤と出血が多かったようなので生理食塩水の皮下注で様子みますか?」「そうですね。抗生剤1週間くらいもらえますか?」などなど愛のないような会話の後、背中に注射を1本して帰宅。

帰宅後は、片足で止まり木にとまり、あまり動かず活動を自粛するインコちゃん。少しでも動くとまた傷口が開き、足をついたところに血が付いている状態。腫れもなかなか引かず・・・。この状態が約1週間。

とりあえず、感染症だけは避けたいので、毎日数回ケージ内をアルコール度数の高いアル綿で殺菌消毒。先生の言われるように、生命力と運だけを願って・・・。その甲斐あってか2週間目に入ると腫れが徐々に引いてきて、それと同時に食欲も上向き。患部も綺麗に塞がりはじめて3週間目の昨日今日はキズもほぼ見えないような状況になりました。よかった・・・。

コザクラの一撃が強烈なのは、飼っている人誰もが知る事ですが、今まで何もなかったから何も考えずに放鳥していたことをただただ後悔しました。

噛んだザクちゃんも、いつも隣のケージでウザイくらいに好き好きビームを放っているインコちゃんが自分の一撃で大ケガをしたのは分かっていると思います。インコちゃんが療養中は心配そうに見ている事も多くありました。 知能の高いインコですから、恐らく分かってはいたのだと思います。

私たち人間の不注意でこんなことになって、インコちゃんにもザクちゃんにもとても可哀想なことをしてしまい。家族全員反省中です。

◆インコちゃんの治療内容(足の外傷・出血)◆
生理食塩水の皮下注射1回。抗生剤経口投与(ミノマイシン?クロラムフェニコール?)1週間。テトラサイクリン系軟膏2週間目から3日間塗布(人間用のテラマイシン軟膏)。高濃度アルコール綿でのケージ清掃3週間。

Instagram
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

インコもPTSDになる? [日々の徒然]

先日の大阪北部地震、みなさんのお住まいの地域では被害等はございませんでしたか?我が家は震源地から淀川を挟んだ対岸に立地しているのですが・・・。かなり揺れました。あの時間、ちょうど子どもたちは小学校への通学の最中、妻はPTAの通学見守り隊の黄色い旗持ち当番、母は日課の淀川散歩中。

私だけが家で出勤前の身支度をしていたのですが、地震の瞬間、我が家が倒壊している絵面が頭に浮かび、同時に自分の命も半分諦めました。でも幸いにことに揺れる時間が短かった為、家も自分も何とか生き延びる事が出来ました。

報道では命を落とされた方、そしてお怪我をされた方もたくさんおられたようで・・・。そういった被害にあわれた方々に何と言ったらよいのか分かりませんが、お見舞い申し上げます。

2018062301.jpg

さて、blogの内容なのですが「インコもPTSDになる?」です。あの地震の後、オカメコンビが放鳥時に直ぐにケージから出てこなかったり、いつものように床を歩いて遊んだりすることが少なくなりました。そして一度ケージから出ると高いところに陣取り、ケージの戻されることを極端に嫌がります。

もともと怖がりのオカメですし、知能も他のセキセイやコザクラより少し高めなので、警戒しているのでしょうか!? ケージの中での動きも地震以前とは少し違った動きをしているし・・・。

2018062302.jpg

少しビビってるオカメコンビとは違い、↑この緑コンビは相変わらず! 我が家では毎日20時前後にケージの掃除をするのですが、その際は4羽全員一斉放鳥! 地震の影響なのか何なのか、ケージから出てこないオカメのピーちゃんのケージに緑コンビ住居不法侵入!

ピーちゃんの餌やら水やらを飲み食いし、敷紙を齧りたおして「じゃーバイバイ!」ビビりのオコメとは違い、緑コンビにはストレスはないようです。

Instagram
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。